TOP画像

第18回日本バーチャルリアリティ学会大会にて口頭発表・芸術展示を行いました

カテゴリ:イベント情報 投稿日:2013年10月6日

報告が遅れて申し訳ございません。摩訶大将棋のルール、対局支援ツールの開発について第18回日本バーチャルリアリティ学会大会にて口頭発表・芸術展示を行いました。非常に良い発表ができたと思っています。摩訶大将棋の認知度も少しは上がったかな?

【題目】摩訶大将棋の対局支援ツールの開発 (Development of Suport Tools for Maka Dai Shogi Beginners)
【著者】甲斐 誠也 (大阪電気通信大学) , 飯田 聡 (大阪電気通信大学大学院) , 田村 一樹 (大阪電気通信大学大学院) , 大野 峻 (大阪電気通信大学) , 高見 友幸 (大阪電気通信大学大学院)

VR学会芸術展示

芸術展示の様子です。

【場所】うめきた・グランフロント大阪「ナレッジキャピタル 」
【日時】2013年9月20日(金)
第18回日本バーチャルリアリティ学会大会 | 摩訶大将棋の対局支援ツールの開発

コメント送信フォーム

コメントは承認制となっております。管理者が確認および承認した後に、サイトへ反映されることになります。コメントの反映に多少時間がかかってしまうことがあります。また、コメントが不適切な内容だと判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございます。ご了承ください。
Only japanese available.

検索

ルールと記述の正確性

摩訶大将棋は鎌倉時代に実際にさされていた将棋でルール等も古文書にも残されていますが、若干情報不足であります。曖昧な情報に関しましては要確認などの注意を促す表記をしております。弊サイトの記述と違うことによって生じた損害等にはいっさい責任をもてませんのでご了承ください。
※古文書によれば諸説ありますが、駒の動きと駒の成りのルールについては、象棊纂圖部類抄(1443年の写本を写本したもの:1592年)の記述を基にして、まとめました。

カレンダ

2013年10月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

摩訶大将棋をはじめよう公式ツイッター

ウェブサイト制作中

Webサイトを制作している甲斐です。現在一生懸命Webサイトを作っています。まだ未完成のページもあります。ご容赦ください。